NHSの歯医者にドキドキで行ってみた話

スポンサーリンク



奥歯に虫歯が見つかり、歯医者に行くことにしました。

 

歯医者に行くにあたり、私の中で選択肢は4つ。

  • NHSの歯医者に行く(イギリスは基本、医療費はかかりませんが、歯医者はお金がかかります。でもプライベートの歯医者に比べたら安い。18歳以下の子供、妊婦、あと産後1年間はママも無料です。その場合、Maternity Exemption CardをGETしましょう。妊娠中にミッドワイフに言って申請するか、私は忘れていたので産後にGPで聞いたら、書類に名前や息子の誕生日などを書くだけの簡単な作業で郵送されてきました)
  • 現地のプライベートに行く
  • 日系に行く
  • 日本に一時帰国して治療する

 

今までは、日本に一時帰国した際に治療するか、ロンドンの日系歯医者に行っていたんですよ。

ただ、日系はめちゃめちゃ高い!

会社の保険でまかなえるならいいけど、我が家はそれができないので全部実費。

虫歯一本治すだけで£200〜300はかかります。

以前、夫がちょっと1本痛む歯があるので行ったら、初診料や全体の掃除、そしてとりあえず痛みを抑える仮の治療で£300以上はかかっていた…。

ということで、日系は高すぎるので無し。

一時帰国の際に歯医者に時間を割くのは勿体無いので、日本での治療も無し。

で、これからずっとロンドンに住むなら、今のうちに家族でお世話になる歯医者を見つけておきたいね、と夫婦で話し合い、

そして、英語から逃げちゃいかんな!と夫と決意。

息子の為に貯金もしなければいけないし、今ならNHSに行けば私は無料なので…

ついにあのNHSに行くことに!

よくNHSはヤブ医者が多くて、歯医者もクオリティーが低いと言うけど

実際に行っている人はいる訳で…

 

はい、挑戦することに決めました。

 

まず、ロンドンに長く住む友人数名にNHS歯医者の情報を聞いたところ、

「私もNHSに通ってるよ!大丈夫だよ!」

と、意外にも良い意見がもらえたのでこの時点で一安心。

でも、そのうちの一人いわく、

「ヤブ医者に当たりたくないなら、高級な地区のレビューが良いNHSに行った方が良いよ」

とのこと。なるほど…。

 

ということで、近くの高級住宅街エリア(※あくまでも近くなだけで、私は高級エリアに住んでいません)の歯医者を検索し、

その友人にレビューを見てもらい、一箇所に絞りました。

で、電話の予約もできないので、とりあえず息子をバギーに乗せて押しかけてみることに。

 

平日のお昼間だったので、待合室に数人しかおらず、

私の下手くそ英語をそんなに聞かれることもなく(ここ大事!)、受付の女性に

「新規の受付をしていますか?登録して、検査を受けたいのですが…」

と、頑張って尋ねました。

※新規の受付をストップしているところもあるので、事前に確認した方がいいです。この歯医者は外に【新規患者受付中】の表示が出ていました。

 

何か言われたけど、何言ってるかわからない(^o^)/

でも登録用紙みたいなものを渡されたので、夫の分も含めて2枚記入しました。

が、これが難しかった…。

多分、現在の健康状態とか、今後歯の治療をどうしていきたいか、みたいな内容に

YES/NOで答えなければならないのですが、まぁ、何書いてるかわからない。

しかも2ページにわたる大量の質問。

携帯で調べながら答えていると、こういうときに限って息子が泣き出す。

寒い日だったのに、汗吹き出たー。

皆さんも歯医者に行く前に、ある程度の歯医者で使う単語を調べて行くといいかもです。(“歯列矯正”とか)

 

何とか記入し終えて受付に提出すると、すぐにその場で登録してくれて

最初の検診の予約を入れてくれました。

でも、早くて三週間後!

別に急いでいた訳ではないので私たちは大丈夫でしたが、

痛みの出ている人にとってはキツイかも…

そういう時はどうするんでしょうかね?

日系か現地のプライベートならすぐに診てもらえると思うので高くてもそこに行くか、

イギリス人大好きのパラセタモールを飲んで耐えるか…でしょうか。

スポンサーリンク



ついに歯医者へGO!

そして三週間後、検診に行きました。

息子がいたので、交代で同じ先生に診てもらいましたよ。

夫は特に虫歯もなく、次回、クリーニングの予約を入れて(二週間後に取れました)終了。

二週間後、別の衛生士の方が来てやってくれたそうです。

£45かかったみたいですが、丁寧に日本のようにやってくれて夫は大満足でした。

 

私は、案の定、虫歯が右上の奥歯にある&マウスピースをはめた方がいいとのことで作ることに。

でも、もう日本で作ったものがあったので、

「私持ってるからいらないよ」

と言ったのですが、

「どうせあなた無料なんだから作るよ。普通に作ったら£200はするよ!」

と押し切られ、作ることに。

後で夫にそれを言ったところ、

免除の人が使った分、国からその歯医者にお金が入ってくるんじゃないのー?だからマウスピース作って欲しかったんちゃうん?

とのことで何だか納得。そういうもんなんでしょうか?

 

マウスピースの作成に時間がかかるので、私は三週間後に虫歯の治療とマウスピース受け取りの予約をしました。

そして、三週間後の治療は、

  • マウスピースの受け取り&試着
  • 虫歯の治療
  • クリーニング

でしたが、何とびっくり。これ全部10分で終了しました。

 

マウスピース

もうね、クオリティー低すぎ。分厚くて、歯に合ってなくて。

でも使わないなと確信していた(作っている時点でいらなかった!)ので

「OK!OK!」

と言って受け取りました。家の棚の奥底に眠っています。

 

虫歯の治療

白の詰め物は有料になるとのことで銀の詰め物に。

1点腹が立ったことがあって、私の虫歯が痛みは無いものの、ちょっとした穴になっていたらしく

そこの穴にピンセットぶっ刺して、

「ほら見て!ピンセットから手を話しても立っているくらいの穴が空いているんだよ〜!」

と、私の歯からピンセットが一人立ちしている状態をアピールしていた。

 

何この時間。

 

そんなアピールいらんし、私の歯で遊ぶな!と、イラッとしてしまった。

これ海外だと普通なんでしょうか?

 

治療に関しては5分くらいで終わりまして、

削って銀の詰め物をして、はい、チャンチャン。って感じ。

うがいもないし(そういえば夫が検診したとき、一回もうがいしないで終了したと言っていた)、

患部を消毒した感じもなく詰め物をしたので、日本に比べて衛生的に大丈夫かなと心配になる治療でした。

(今まで虫歯を治療して来ましたけど、詰め物する前に消毒みたいなのをしますよね?)

ちなみに、もし痛みが心配な場合は麻酔もしてくれますが、注射針を刺す痛みは我慢しなければなりません。

(最近はその痛みもなくするように、最初に塗り麻酔もすると思うのですがそれは無かったです)

 

クリーニング

夫から、衛生士さんが来てくれてちゃんとやってくれたのでよかった!という話を聞いていたので

私もやってもらえるんだと期待していたところ、

その虫歯治療をした同じドクターがちゃちゃっと全体の歯をなぞって終わりました。

その時間、わずか20秒くらい。

思わず

「Finish?」

って聞いちゃいましたけど、笑顔で

「Yes!Finish!」

って言われましたよ。なんてこった(^o^) /

次回、クリーニングが衛生士さんにて行われることを願います…。

 

感想

はい、以上で私の初NHS歯医者は終了しました。

とりあえず、今は治療した箇所に痛みもないし、

無料でここまでやってくれるなら良いのかもしれません。

でも、産後一年間無料の資格が終了したら、現地のプライベート歯科に行こうかなと思ってます。

高いとは言え、日系に比べると半額になるくらい安いし、NHSよりは良い治療ができると思うので。

つたない英語でも何とかなるとわかった訳だし、

やはりNHSだと使える器具とか薬とかも限られて来て、その結果、治療のレベルも下がるんではないかと。

もしくは、痛みの度合いとか、内容によって使い分けるのも有りかな〜。

 

とりあえず、これからの私の選択肢は

NHS or プライベート

になることと思います。

 

 

お菓子ばっかり食べてるから虫歯になるんだな〜

そして息子にチューしまくっている私。

虫歯菌は息子にも忍び寄っている…ごめんよ、息子。

 

スポンサーリンク



ブログランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いいたします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です